株式会社三木組

妥協を許さず、
作品にかける想い。
三木組としての
プライドが未来を拓く。
市木 大輔工事部
2003年入社

社員紹介 Introduction of Staff

現場を統率するコミュニケーション力

現場を統率するコミュニケーション力

私はマンションや福祉施設等の新築工事の現場管理を行っています。基礎工事、躯体工事、内装・外装工事・設備工事を専門の協力会社に発注し、建物の完成へ向けて工事を管理しています。 現場作業員をはじめ、近隣住民や通行人の方に万が一の危険がないように工事を進めていく「安全管理」、建物のクオリティを確保する「品質管理」、決められた工期内に建物を完成させる「工程管理」の3点が現場監督である私の主な仕事です。
また、現場監督は様々な分野の協力会社の職人の方を統率して、工事を進めていかなくてはいけません。職人の方に現場を任せ切りにせず、互いに話し合って丁寧にこちらの求める品質や段取りを説明していくことによって、工事を円滑に進めることができるのです。

お客様の「理想以上の感動」を実現するプロフェッショナル

工事は基本的には設計図を基に進めていくのですが、その段階で仕様を決めていかなければいけない部分もあります。色や仕上げの部分などは実際にサンプルを取り寄せて見ていただき、お客様の求める仕上がりに近づけていきます。
その中でお客様からの難しい注文に対しては簡単に「出来ない」とは言わず、最大限努力して実現していくことはもちろん、例え困難なことでも「出来る」方法を徹底的に考えます。
建物を造るには非常に多額の費用がかかります。お客様の人生を懸けるほどの大切なお金を預かり、ご満足いただけるものを造るという仕事は大きな責任を伴いますが、それだけにこちらも全力で工事を行います。その過程でいくつものの困難な壁に直面しますが、それを皆で乗り越え、無事に完成したときの達成感は、人生観が変わるほどのものです。その建物をお客様にご満足いただけたときにはそれまでの苦労は一瞬で吹き飛びます。何よりお客様に心残りがあるままで物件を引き渡すわけにはいきません。常に感謝を忘れず、お客様に感動をしていただけるような仕事を心掛けています。

三木組だからこそ、の魅力

三木組には、工事部、営業部、積算担当、事務担当のそれぞれがしっかりコミュニケーションを取って、協力して建物をつくり上げていくという社風があります。社長から新入社員まで仲間意識が強く、誰かが困っていれば皆で助けることが一種の伝統のようになっています。私自身、部下を指導するときには、ある程度仕事を任せつつも間違いを犯す前にフォローすることを心がけています。新人は仕事で失敗すると自信を失ってしまいますから、なるべく怒らなくても済むようにいろいろ考えて教えています。
そして、これは私の入社理由でもあるのですが、一つの物件が出来上がるまで全ての工程に携われるということは三木組の魅力です。地鎮祭から竣工まで一貫して経験するのは大企業ではなかなか難しいことです。各部分ごとに分業制でやるよりもはるかに多くの知識・技術が必要になりますが、その分建物が完成し、お客様に喜んでいただけたときの達成感は何物にも代えられません。
良い建物を造る為にはそのプロセスが重要ですが、三木組の強さはその過程を通じて、しっかりお客様と信頼関係を築いていけるということです。

三木組だからこそ、の魅力

伝統を守りながら、新しい三木組を次世代へ継承する

私は現在14年目ですが、まだまだ現場監督として勉強不足だと痛感しています。三木組の場合1現場につき1年前後の工期ですので、この先経験できるのは恐らく30現場もないかもしれません。思えば、まだ経験した現場の数も少なかった頃、当時の所長から大きな仕事を任せていただきました。悪戦苦闘しながらもやり遂げ、成長を実感して自信につながる経験となりました。これからも努力を怠らず、現場での1日1日の経験を無駄にしないように、真摯に仕事に向き合っていこうと思っています。
また、三木組の若手社員はお互いに切磋琢磨しあえる存在です。工事部では若手がこれから現場を任される時期にきており、皆が「次は自分が」という気持ちを持っています。100周年を越え、次の100年のスタートが私たちの時代になりますので、先輩方が培ってきた伝統と社風を継承し、新しい時代に順応させていくことが我々の使命だと思っています。

新入社員へ向けて

三木組は2009年に100周年を迎え、次の100年へのスタートを切り走り出しました。現在若手が現場所長としてデビューしています。数年後には世代交代を迎え、これから入社される皆さんを含め、私達が会社を引っ張っていく時代が来ます。建築業界という社会の中で見ても大きなこの業界で、自分の力を十二分に発揮できるのが三木組です。建築が好きな皆さんには、とてもやりがいのある仕事が待っていますので、ぜひ三木組の良さを体感していただければと思います。

ONE DAY SCHEDULE

  • 8:00 朝礼
  • 9:00 現場巡視
  • 10:00 打合せ
  • 11:45 昼礼
  • 12:00 昼休み
  • 13:00 現場巡視
  • 14:00 図面作成・書類作成
  • 16:00 打合せ
  • 17:00 現場巡視
  • 18:00 現場の戸締り確認
  • 18:30 退社
ONE DAY SCHEDULE